グルメ
 

enopo top moji

グルメ

enodenaruki new

野生のコーヒー GREEN CORE Cafe

(取材&記事 江ノ電沿線新聞社 2021/5/1)

桜吹雪や花びらの絨毯の上、舞い散る落葉の中で、四季を感じながら優しいコーヒーが楽しめるキッチンカーがあるのをご存知ですか?

greencore cafe 03
緑色の車体が目印の「GREEN CORE Cafe」は、浄智寺や葉祥明美術館の中庭など、北鎌倉周辺に出店していることが多い移動型のコーヒー屋さんです。出店日は不定期。主にお天気が良い日など、過ごしやすい気候の日にお店を開けています。

主力メニューの野生のコーヒーはエチオピアの珈琲豆。製造過程での搾取がなく、収穫の際森林を伐採しないため環境にも優しく、現地では胃腸薬としても親しまれています。特に「白いコーヒー」は、お茶のようなまろやかさです。
greencore cafe 02左から、白いコーヒー(600円)、ハンドドリップコーヒー(600円)、カフェオレ(600円)

「キッチンカーは自分から素敵な場所に赴いて、お借りした空間の美しい風景の中でコーヒーが飲めてとても贅沢。新しい場所で新しい人に出会えるのも楽しい」と語る店主、「冒険者」という呼び名がぴったりの村越さんはもともとコーヒーが苦手でしたが、野生のコーヒーと出会い、味と製造の仕組みに感銘を受け、このコーヒーが大好きになったそうです。

これから夏に向けて、眩しい新緑の中、水出しコーヒーが美味しく味わえますよ!

************************************************************************
江ノ電沿線新聞社プレゼント
今回は、10名様に「ドリップパック詰合せ(6セット入)」をプレゼント。葉書に地域の話題や感想、面白かった記事ベスト3をお書きの上、〒251‐0025 藤沢市鵠沼石上1-1-1 江ノ電沿線新聞社プレゼント係まで。締め切りは5月21日(金)。消印有効。
************************************************************************

★お店情報
 お店の名前:野生のコーヒー GREEN CORE Cafe        
 出店の場所:浄智寺(北鎌倉)、葉祥明美術館 (北鎌倉)など
       ※出店日はSNS、又はお電話でお問合せを。
 電話:080-1268-3781   
 営業時間:11:30~15:30
 URL:https://www.greencore-cafe.com/
     (facebookあり)
記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2021年4月30日