趣  味
 

enopo top moji

趣 味・歴史

生誕90年記念 開高健の世界2020展

2021年3月3日  (hayatine)
開高健記念館(茅ケ崎市東海岸南)では開高健生誕90年を記念して3月28日まで「開高健の世界2020展」が開催されています。作家開高健は1974年にこの地に移り住み、亡くなるまでここを拠点に執筆活動をしました。展示室には原稿やベトナム戦争取材時のヘルメット、愛用した釣り竿、ルアーなども展示されています。また作家の使用した書斎も当時のままに残されていて、作家自身が釣り上げたイトウやキングサーモンのはく製も壁に飾られていました。庭には作家が愛した沢山のスイセンが咲いていました。
kaikou01庭には作家の愛したスイセンが咲いていました。   
 
kaikou02展示室上部
 
kaikou03ベトナム戦争を取材 ヘルメットが印象的
 
kaikou04
 
kaikou05
 
kaikou06書斎 釣り上げた魚のはく製が飾られています。
 

記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2021年3月3日