趣  味
 

enopo top moji

趣 味・歴史

大船駅 ストリートピアノ

2021年10月20日  (M.Yama)
皆さんもテレビ番組でヨーロッパの鉄道の駅や世界各国の空港に置かれたピアノに、旅行途中の人が何気なく立ち寄りピアノを弾く、空港のお店の人が毎日弾きに来るなど色々の方が演奏するピアノを楽しまれているのではないでしょうか。JR大船駅にも期間限定(8/29~11/30)でストリートピアノが登場 通る人を楽しませています。
0P1051726


0P1051705
ストリートピアノが設置されているのは 大船駅構内 南北を通るセントターアヴェニュー中ほどにある「せせらぎパーク」で空間と10人ほどが座れる円形のベンチが備えられているスペースです。
 
誰でも自由に弾ける ストリートピアノ
0P1051726
誰でも自由に弾け、自由に楽しむ事が出来るので 色々の方がピアノ演奏を思い思いに楽しんでいます。学校帰りの小学生でしょうか、二人で連弾をしていたり、ようやく椅子に座れる程度の男のお子様が 早い鍵盤タッチで練習曲でしょうか、弾いていたり、ピアノがお好きなのでしょう、自己流の感じで映画音楽などを 間違い、弾き直ししながらも楽しそうに弾いている姿など見られました。椅子に座って聞いている方々も一人一人の演奏に拍手を送っていました。近くのお店の方に伺うとほぼ一日中 ピアノの音がしているとのことです。
 
通路に足を止めて聴いている方々
0P1051705
見ていると 確かに一人の方が演奏を楽しみ、次の方が椅子で順番待っていて交代する場面が沢山見られました。実にピアノが上手な方、好きな方が多いと実感されます。特に夕方頃はミニコンサートの様です。一人が映画音楽のメドレーを鮮やかに弾くと、次にはクラシックの名曲が弾かれ、次には軽快なテンポでジャズ音楽が弾かれ、次にはデズニーの曲のメドレーが弾かれるという感じで、皆さん 驚くほど上手に弾いていました。その演奏に通路に足を止めて聴いている方も沢山おられました。
交代の前後には鍵盤をふき、手を消毒薬するコロナ対策もされていました。

● 大船駅ストリートピアノ情報
主催:東日本旅客鉄道株式会社横浜支社、公益社団法人鎌倉青年会議所
場所:JR東海道本線、横須賀線 大船駅構内
開催期間:2021年8月29日(日) 〜 11月30日(火)
演奏可能時間:10:30~20:30
※ピアノの利用・鑑賞は無料ですが、列車をご利用にならない場合は、入場券が必要です。

●入場券のミニ情報 大人140円、こども70円 (JR東日本)
・JR東日本は入場券の発売から2時間まで有効です。改札を通った時刻ではなく、買った時刻から2時間です。過ぎた場合、2時間ごとに入場料が必要です。
・入場券では列車に乗車できません。乗車した場合別に運賃が必要です。
・Suica、PASMOなどIC乗車券には入場券の機能はありません。改札出る時窓口へ行き、IC乗車券の入場情報を消去してもらい、入場料金を支払います。
・JRではありませんが、小田急電鉄では入場券で入り駅ナカのお店で食事や買い物をした場合を入場料金を返金する制度があります。

記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2021年xx月xx日