生活・人
 

enopo top moji

生活・人

初夏に向けての農作業

2021年5月3日 gantyan
落花生の殻剝き作業は終了しました。「郷の香」14kg、「ナカテユタカ」2kgの種が出来ました。ゴールデンウイークに畑に植え付けます。枝豆は「サッポロミドリ」の畑です。第1次、第2次、第3次の苗を植え付けています。毎年のことですが、収穫の手間を考えて、段階的に作付けしています。
Syoka 1
これは第4次の枝豆「サッポロミドリ」の苗です。発芽状態の向きを修正しているところです。

Syoka 2
今日(4月27日)から春キャベツの収穫を始めました。朝一番に切り取って、26箱(208個)詰め、午後出荷しました。これからほぼ毎日、収穫出荷をしていきます。昨年12月4日に苗植えした春キャベツが5か月で収穫の運びになりました。今日から収穫するのは、余った苗を植え付けた別の畑です。ここでも大きく育っており1個約1.5kgになっています。

Syoka 3
今日(4月30日)は落花生の種植え作業をしました。マルチシート敷きをしながら一粒づつ植えていく作業の繰り返しです。品種「郷の香」10kgを全て植え付けるには明日(5月1日)までかかります。後日、「ナカテユタカ」2kgは別の畑に植え付ける予定です。14アールの畑にマルチシート掛けから作業開始です。

Syoka 4
今日(5月1日)は忙しい一日でした。午前中は春キャベツ400玉の収穫・出荷作業、午後は落花生(郷の香)の種植え・シート被せ作業に追われました。今日は40コンテナー(400玉)の収穫作業です。

Syoka 4
40コンテナー(400玉)を積載して終了。

Syoka 5
午後は落花生畑のシート掛け作業を急ぎました。雨が降る前に終わることが出来ました。
15畝、9000粒植え付けた畑に3枚のシート被せを無事に終えました。この直後、激しい雨に見舞われました。しかし、落花生にとっては恵みの雨になりました。

記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2021年5月3日