江の島の植物 (1)
 

enopo top moji

江の島の植物・常緑蔓性木本 ≪スイカズラ≫

2014年5月13日  (写真&文:坪倉 兌雄)
suikazura1
スイカズラは北海道、本州、四国、九州に分布し、江の島では藪の中や道路わきの生垣などに絡まって生えます。茎は長くのびてよく分枝し、髄は中空、若い枝には褐色の軟毛や腺毛が密生します。葉は対生し、長さ3~7㌢の楕円形で変異が多く、ふちは全縁で両面に毛があります。花期は5~6月、枝先の葉腋に2個ずつ花をつけ、花冠は筒状で唇状に大きく2裂し、上弁の先は4裂、下弁は線形で、芳香のある白色または淡色の花を開きのち黄色に変化します。雄しべは5本で雌しべは1本、いずれも花冠からつきでています。萼の長さは1~2㍉で5裂し、苞は葉状で卵形、長さは5~19㍉になります。液果は5~6㍉の球形で2個並んで黒く熟し、なかに楕円形で褐色の種子が2個あります。
sukazura2海辺に咲くスイカズラ
suikazura3a生垣を這って伸びてゆく
suikazura4スイカズラの蕾
suikazura5白色の花を開き
suikazura6花は白色から黄色に
名前の由来は、花を引き抜きその基部を口に含んで、蜜を吸うと甘いことから吸葛(スイカズラ)で、また冬の寒い時期にも葉をつけていることから、忍冬(ニンドウともよばれています。つるは右巻きで他ものに絡みついて延びますが、江の島では定期的に植木の手入れや清掃が行われ、スイカズラは雑木・雑草として取り除かれるために、歩道わきなどでは液果まで見ることはほとんどできません。スイカズラの若芽や若葉は摘み取って茹で、あく抜きをすれば食用になります。茎、葉、花にはフラボノイドなどの薬効成分を含み、花蕾を陰干ししたものを生薬で金銀花(きんぎんか)といい、また葉や茎を陰干ししたものを忍冬(にんどう)とよび利尿、腰痛、関節炎、腫れやかぶれなどに効き目があるとされています。    (参考文献: 薬になる植物図鑑 柏書房)。
記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2019年3月22日