HOME
 

enopo top moji

イイトコ撮り一覧を見る ▷ l
↑湘南近辺で撮った旬の景色、一寸きれい、珍しい光景などを紹介しています。
 
640shinnen banar2018 2


コラム 新着情報一覧を見る ▷ コラム link

江の島の植物・蔓性落葉低木《ミツバアケビ》

2013年6月18日
 ミツバアケビ(三葉木通)  Akebia trifoliata  アケビ科アケビ属
mitubaakebi-1 海辺に建つ遭難者供養塔付近に茂る
ミツバアケビ

ミツバアケビは北海道~九州に分布するつる性の木本で、江の島では参道の傍らや、海辺の藪の中などに自生し、他の樹木などにつるを絡ませて這い上がります。葉は3出複葉で互生し、柄の長さは3~6㌢、小葉は長さ4~6㌢の卵形または広卵形で、先端がややくぼみ、ふちに波状の大きな鋸歯があります。4~5月、葉の間から総状花序をだして、暗紫色の花を開きます。花序の先端に直径4~5㍉の小さな雄花が多数つき、萼片は花弁状で3枚、長さは約2㍉、雄蕊は6本あります。
雌花は花序の基部に1~3個つき、雄花より大きく径は約15㍉、萼片は花弁状で3枚、長さ7~10㍉、雌蕊は3~6本あり、いずれも花に花弁はありません。果実は長さ約10㌢の長楕円形で、秋に紫色に熟して縦に裂け、多数の黒い種子を含んだ白色の果肉が現れます。
mitubaakebi-2雌花は大きく花柄も長い、雄花は小さく花序の先につく
mitubaakebi-3裏参道海側に繁茂するミツバアケビ

mitubaakebi 51
名前の由来は小葉が3枚でミツバ、果実が熟すと裂開して中の果肉がよく見えることからアケミ(開実)、あるいはアカミ(赤実)の転語、などの説があります。江の島には同じアケビ科のアケビやムベも自生していますが、アケビの葉の小葉は5個、ムベの小葉は5~7個で葉は両者とも全縁であることから、ミツバアケビと区別できます。アケビの萼片は3個で淡紅色を帯び、果実は熟すと裂開します。ムベの萼片は6個で淡黄色を帯び、果実は熟しても裂開しません。いずれも雌雄同株で、花に花弁はなく萼片が目立ちます。熟した実には甘みがあり生食でき、果肉や若葉は食用になります。乾燥させたミツバアケビやアケビの茎を生薬名でモクツウ(木通)といい、利尿やむくみ解消に用います。乾燥させたムベの根、茎、葉は煎じて利尿や駆虫に用います。
 【写真&文:坪倉 兌雄】

記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2019年3月10日
ふじさわ情報    一覧を見る ▷ link
ふじさわ農園WEB・Aoki果樹園
rsuisinlogo118農園のHP紹介、今回は「採れたて、美味しい熟した果実」をポリシーとして、長年の栽培技術をもとに様々な果実を生産直売している「Aoki果樹園」です。
詳細はこちら


NPO法人 里地里山景観と農業の再生プロジェクト
0516maria1「藤沢えびね・やまゆり園」は、遠藤に残された山林、竹林、畑など、里山の自然景観を多くの人に楽しんでもらうと同時に、
詳細はこちら



人気記事再訪問記事一覧 ▷l
内田正泰 はり絵展 DSC09207 hase 2
当サイトで紹介及び江ノ電新聞で連載された内田正泰 はり絵展が開催されています。
続きを読む...

イベントバナー