HOME
 

enopo top moji

イイトコ撮り一覧を見る ▷ l
↑湘南近辺で撮った旬の景色、一寸きれい、珍しい光景などを紹介しています。
 
640shinnen banar2018 2


コラム 新着情報一覧を見る ▷ コラム link

江の島の植物・野草《ヒヨドリ上戸》

2013年9月10日  (写真&文:坪倉 兌雄)
130910 hiyodori-1 江の島の海側に咲くヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリジョウゴは各地の山地や道端などに生える多年草で、江の島では参道わきや海辺、龍野ヶ岡自然の森などで観察できます。ヒヨドリジョウゴの可愛らしい花、艶のある赤い実は美しく、人目を引きます。和名はヒヨドリがこの実を好んで食べることによるとされていますが、ヒヨドリや他の野鳥がこの実を啄んでいるところを、残念ながら私自身まだ目にしたことはありません。
ヒヨドリジョウゴと同じナス属の仲間に、ワルナスビやアメリカイヌホウズキ(北アメリカ原産の帰化植物)、イヌホオズキ(史前帰化植物)などがあり、これらは江の島の道端や草むらなどに生育しています。
いずれもヒヨドリジョウゴと同じで、全草に猛毒のソラニン(solanine)を含みます。ワルナスビの実は橙黄色、アメリカイヌホウズキは艶のある黒色、イヌホウズキは艶の無い黒色に、それぞれ熟します。
130910 hiyodori-25個の花弁が反り返り合わさった雄蕊の葯が目立つ
130910 hiyodori-3ヒヨドリジョウゴの実(海辺の岩場で)

130910 hiyodori 4
        ワルナスビ(鋭い刺をもつ)           アメリカイヌホウズキ                       イヌホウズキ
ヒヨドリジョウゴの茎は細長いつる状で、長い葉柄で他の植物などに巻きつきながら伸長して2~4㍍になります。葉は長卵形で変化に富み、上部は全縁で、下部の葉は深く裂け、茎や葉には柔らかい毛が密生します。8~10月、葉と対生した位置にふたまた状に枝分かれし、まばらな集散花序をつけます。花冠は白色で約1㌢、雄蕊は花柱をとり巻き、5個の花弁が反り返って、合わさった葯(やく)が露出して目立ち、その中央から1本の雌蕊が飛び出しています。果実は球形でおよそ8㍉、液果で赤く熟し、一見美味しそうに見えますが、ソラニンを含むので食べられません。ソラニンとは、ジャガイモなどナス科植物の芽などに多く含まれるステロイドアルカロイド配糖体で猛毒です。全草にこの有毒成分を含みますが、民間療法では薬草として解熱、利尿などに用いられています。しかし多量の服用は禁物です。

記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2019年3月10日
ふじさわ情報    一覧を見る ▷ link
ふじさわ農園WEB・Aoki果樹園
rsuisinlogo118農園のHP紹介、今回は「採れたて、美味しい熟した果実」をポリシーとして、長年の栽培技術をもとに様々な果実を生産直売している「Aoki果樹園」です。
詳細はこちら


NPO法人 里地里山景観と農業の再生プロジェクト
0516maria1「藤沢えびね・やまゆり園」は、遠藤に残された山林、竹林、畑など、里山の自然景観を多くの人に楽しんでもらうと同時に、
詳細はこちら



人気記事再訪問記事一覧 ▷l
湘南・藤沢の藤の花2021
Fuji.0fuji
藤沢市の花、藤の見所を巡るフジロードの周辺を歩いてみました。見頃は4月中旬から5月上旬の頃です。
続きを読む...

イベントバナー