HOME
 

enopo top moji

イイトコ撮り一覧を見る ▷ l
↑湘南近辺で撮った旬の景色、一寸きれい、珍しい光景などを紹介しています。
 
640shinnen banar2018 2


コラム 新着情報一覧を見る ▷ コラム link

江の島の植物・野草《ツチアケビ》

2013年10月 8日  (写真&文:坪倉 兌雄)

131008 tutiakebi-1江の島龍野ヶ岡自然の森で(13/07/25)

 ツチアケビは北海道、本州、四国、九州に分布するラン科の植物で、山野の落葉樹林下や、ササ藪などに生える葉緑体をもたない腐生植物の一つです。地中から出てアケビに似た果実をつけるので、ツチアケビの名がついたとされています。今年も箱根方面へツチアケビの観察に行きましたが、例年より多くの株に出会いました。ひょっとすると江の島にも、との思いで探し歩いたところ、龍野ヶ岡自然の森の片隅にツチアケビを見つけました。同じ場所に、2本はすでに朽ちて茎の一部が残り、他の2本には果実が5個と9個ついていました。  
   江の島で見るのは初めてのこと、感慨もひとしお、島民の方にお聞きしたところ、かつては龍野ヶ岡だけでなく、江の島の西浦霊園などでも見かけましたよ、とのことでした。
131008 tutiakebi-2熟したツチアケビの果実(箱根にて12/10/16)
131008 tutiakebi-3夏、黄褐色の花を多数総状に開く
131008 tutiakebi-4受粉後、花柄子房は伸びて膨れる
131008 tutiakebi-5果実は肉質で小さな種子が多数
131008 tutiakebi-6寿命が尽きると乾涸びた状態に
 ツチアケビには葉緑体がなく、成長に必要な栄養素を自分でつくることができません。ナラタケの生えるような場所に生育しますが、ナラタケの菌糸がツチアケビの根に侵入すると、ツチアケビはそのナラタケ菌を消化して根に栄養分を貯えます。根茎は太く長く横にはい、退化した小さな鱗片葉がつき、地上茎は太くて強く黄褐色を呈し、多肉質で硬く、高さは50~100センチになります。花期は6~7月、茎の上部で枝分かれをして多数の花を総状につけ、黄褐色の花を半開きにしますが、花の向きは一定方向ではなくまちまちです。萼片は長楕円形で長さ1.5~2㌢、側花弁や唇弁は萼片よりやや短めで、唇弁はすこし内側に巻き、ふちは細かく分裂、内面には鶏冠状の隆起線があります。中心にある白い棒状物はずい柱で、雄ずいと雌ずいの合体したものです。果実の長さは6~10㌢で紅色に熟しますが、硬くて熟してもアケビのように裂けることなく、その数は数個から50個以上に及び、まるでソーセージをぶら下げたように見えます。果実の中は肉質で多数の種子が詰まっています。乾燥した果実は生薬の土通草(どつうそう)で、強壮・強精剤などに用います。
記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2019年3月10日
ふじさわ情報    一覧を見る ▷ link
ふじさわ農園WEB・Aoki果樹園
rsuisinlogo118農園のHP紹介、今回は「採れたて、美味しい熟した果実」をポリシーとして、長年の栽培技術をもとに様々な果実を生産直売している「Aoki果樹園」です。
詳細はこちら


NPO法人 里地里山景観と農業の再生プロジェクト
0516maria1「藤沢えびね・やまゆり園」は、遠藤に残された山林、竹林、畑など、里山の自然景観を多くの人に楽しんでもらうと同時に、
詳細はこちら



人気記事再訪問記事一覧 ▷l
「八臂弁財天坐像」重要文化財に TOP日本三大弁才天の一つである江島神社の「八臂(はっぴ)弁才天坐像」が、2019年3月に国指定重要文化財に指定された。
続きを読む...

イベントバナー