HOME
 

enopo top moji

イイトコ撮り一覧を見る ▷ l
↑湘南近辺で撮った旬の景色、一寸きれい、珍しい光景などを紹介しています。
 
640shinnen banar2018 2


コラム 新着情報一覧を見る ▷ コラム link

江の島の植物・野草《センニンソウ》》

2013年12月 10日  写真&文: 坪倉 兌雄

131210 senninsou-18~9月、葉のわきに径2~3㌢の白色の花を多数つける

センニンソウ(仙人草)
Clematis terniflora
キンポウゲ科センニンソウ属

 センニンソウはつる性の植物で、日本全土に分布し、江の島では参道わきや龍野ヶ岡自然の森などで普通に見ることができます。円柱状の茎(つる)は長く伸びて枝を分けます。節ごとに葉は対生し、他の物に葉柄や小葉柄を巻き付けて生長しますが、茎が巻きつくことはなく、巻きひげもありません。地上部の茎の一部は固く、冬季でも残りますが、肥大生長は見られません。

葉には長い柄があり、3~7枚の小葉からなる羽状複葉で、小葉は卵形、ときには2~3の切れ込みのある葉をつけます。花期は8~9月で、茎の先端の葉腋から三出状に散房花序をだし、径2~3㌢の白色の花を上向きに多数つけます。花には花弁はなく、花弁状に見えるのは4枚の萼片で、中央に多くの雄蕊と雌蕊が集まります。 花期は8~9月で茎の先端の葉腋から三出状に散房花序をだし、径2~3㌢の白色の花を上向きに多数つけます。花には花弁はなく、花弁状に見えるのは4枚の萼片で、中央に多くの雄蕊と雌蕊が集まります。 
131210 senninsou-2節ごとに葉は対生する
131210 senninsou-34個の萼が平開して花弁状になる
131210 senninsou-4花後、雌蕊の花柱は子房に残り、さらに伸びて種子が熟すると羽毛状になり、風によって運ばれます
花被片の中央から長く伸びている雄蕊の花糸の長さはおよそ8㍉で、先端に葯がつきます。雌蕊も数本あり、細長い花柱は花後に脱落することなく、さらに3㌢ぐらい伸びて子房にそのまま残ります。秋、種子が熟すると花柱は羽毛状(写真参照)に変化し、風に乗って運ばれ生殖範囲を広げます。和名はこの羽毛を老人(仙人)の白髪に見立てたもの、との説があります。果実はそう果(痩果)で平たく倒卵形、黄褐色で長さはおよそ7㍉、中には種子が1個あり、熟しても裂開しません。そう果とは種子を1個含む果皮の薄い果実をいい、種子と区別がつきにくく、キク科のタンポポなどでも見られます。センニンソウは全草に有毒成分があり、葉や茎の汁に触れると皮膚炎を起こし、食べると危険です。
記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2019年3月22日
ふじさわ情報    一覧を見る ▷ link
ふじさわ農園WEB・Aoki果樹園
rsuisinlogo118農園のHP紹介、今回は「採れたて、美味しい熟した果実」をポリシーとして、長年の栽培技術をもとに様々な果実を生産直売している「Aoki果樹園」です。
詳細はこちら


NPO法人 里地里山景観と農業の再生プロジェクト
0516maria1「藤沢えびね・やまゆり園」は、遠藤に残された山林、竹林、畑など、里山の自然景観を多くの人に楽しんでもらうと同時に、
詳細はこちら



人気記事再訪問記事一覧 ▷l
紅葉ビュースポット 2019年 ajisai 2今年も猛暑だった夏。いよいよ秋も深まっていきます。さあ、紅葉を満喫しみんなで秋の絶景を楽しみましょう!
続きを読む...

イベントバナー