昭和の藤沢
 

enopo top moji

daily_title.gif
第2部 海岸地域(8/31)
3 旧・江の島海岸ロータリー(現・江の島入口交差点)

5月の東浜・自転車とオートバイ
写真11(昭和35年5月)
050831-11g.jpg
昭和30年代の初めの頃は、まだ自家用自動車が普及途上であったので、
行楽日には自転車とオートバイで来る人 が目立った。
その後、オートバイが急速に増え、大きな爆音を轟かすので、当時「雷族」
と呼ばれていた。
5月の休日の人出
写真12(昭和37年5月)
050831-12g.jpg
5月初旬の天気の良い行楽日の人出は非常に多かった。
「小田急」「江ノ電」の電車、または「バス」で来た人々で、
帰途に つく時間帯などにはロータリーの周辺は人で埋まる程であった。
(写真はロータリーの江ノ島側から腰越方向を見ている)
江ノ島私鉄観光案内所
写真13(昭和35年5月)
050831-13g.jpg
片瀬川を背にしてロータリーに面して、「江ノ島パブリック・レストハウス」という細長い建物があり、
片瀬橋際が私鉄観光案内所、隣がトイレ、反対 の端が売店になっていた。
この地にバス停をもつ江ノ電、京浜急行、東急、神奈中、箱根登山の各社の窓口があり、
「江ノ電」のみが毎日係員 を出していた。
すばな(洲鼻)通り入口
写真14(昭和35年8月)
050831-14g.jpg
「江ノ電」の「江ノ島駅」から海岸まで続いている道がこの通りである。
写真はロータリーへの出口の所であり、 当時、「江ノ島銀座通り」と商店街では名付けていたが、
昔を知る人は「すばな通り」の方を普通に使っていた。
夏のロータリーの風景
写真15(昭和37年8月)
050831-15g.jpg
夏の休日のロータリーの一風景。
手前は「すばな通り」からのびる横断歩道を海側へ向かう人。
右の少人数の待つバス停は「藤沢駅ゆき」でバ スが出た直後。
左側の行列は「鎌倉駅ゆき」のバスを待つ人々である。
バスのお客さんの誘導整理
写真16(昭和38年7月)
050831-16g.jpg
7月、8月の好天の土日の片瀬海岸の人出は大変なもので、「小田急」「江ノ電」の電車の他に、
バスを利用する 人も多かった。
バスは藤沢・鎌倉・大船・戸塚・横浜・辻堂・茅ヶ崎・平塚・大磯の各駅との間にあって、
ロータリーでの人の誘導整理は大仕 事であった。


daily_line.gif