昭和の藤沢
 

enopo top moji

daily_title.gif
第2部 海岸地域(12/19)
弁天橋
写真1(昭和35年8月)
051219-1g.jpg
夏の海水浴日よりの夕方の弁天橋
小田急の片瀬江ノ島の駅へ急ぐ人の列が途切れることが無い。
画面左、橋の先の建物が竜宮城を模した駅であ る。
人の混雑
写真2(昭和38年8月)
051219-2g.jpg
「江ノ電駐車センター」の2階の食堂からしたの道路の人の流れを見ていると、水着姿の人、
麦わら帽子の人、家 族連れなど千差万別、様相が時々刻々と変化して、時の経つのを忘れる。
自動車の混雑
写真3(昭和38年8月)
051219-3g.jpg
駐車場の出入り口は、入りたい車あり、道路へ出たい車ありで、
渋滞がしばしば起こっている。
人々はその間をぬって、行ったり来たりしてい る。
駐車センター横の道路
写真4(昭和35年7月)
051219-4g.jpg
昭和の初め、湘南遊歩道と名付けられていた現在の134号線の道路は、
この頃歩道はまだ舗装されていない状態 であった。
海水浴に来ている人は、東浜と西浜を行ったり来たりする人が多かった。
ポールは辻堂方面行きのバス停「江ノ島水族館」である。
バスを待つ人々
写真5(昭和39年8月)
051219-5g.jpg
海水浴シーズンには、片瀬橋東詰のロータリーは人と車の混雑が激しいので、辻堂、茅ヶ崎方面のバスは、
ロータリーでは降車扱いのみ行い、乗車はこ の「江ノ島水族館」のバス停で行った。
画面には道路の向かい側に江ノ島水族館の入口が見えている。
134号線の路線バス事情
写真6(昭和39年8月)
051219-6g.jpg
辻堂駅、茅ヶ崎駅と藤沢駅、鎌倉駅などの間に路線バスが走っていた。
平日は利用者が少なく閑散としていたが、行楽日は様相が全く変わって利用者が 多かった。
画面は駐車センター脇の水族館バス停付近。バスの係員と女子車掌の姿が見える。

daily_line.gif