昭和の藤沢
 

enopo top moji

daily_title.gif
第1部 藤沢駅周辺(1/25)
5 南口バス乗場編

初期のバス乗場
写真16(昭和31年5月)
050125-1g.jpg

南口の乗合バスは「江ノ電」のバスだけであった。
昭和24年のバス事業再開以来、バスが未だ小型、中型であったので、
昭和38年までこの駅舎の前から発着していた。


「江ノ電バス」藤沢営業所
写真17(昭和37年5月)
050125-2g.jpg

昭和31年6月に、電車の藤沢駅に隣接し、石上通りに面して日の出町から来る道の正面に
当たる場所に、営業所を新設した。
バスの大型化と一般の自動車の混雑を考慮して、昭和38年4月、建物を約5メートル後退させる工事をし、
バスの発着所を営業所の前に移した。


新しいバス乗場
写真18(昭和38年8月)
050125-3g.jpg
営業所前に簡単な待合所を設け、建物の南角を乗車所とした。
夏の海水浴客によく利用された。
バス駐車スペースの南側に隣接して「藤沢中央劇場」があり、看板が見える。

花火大会の夜
写真19(昭和39年8月)
050125-4g.jpg
営業所横の写真18と同じバス乗場。
毎年8月の江の島海岸の花火大会の日は、夕方から多くの人々がバスを利用した。

南口本通り
写真20(昭和42年1月)
050125-5g.jpg
営業所のバス置場の南側に隣接して、南口で唯一の映画館「藤沢中央」があった。
区画整理事業によって、その正面から川名方面へ向かって、幅の広い新道が建設された。

写真21(昭和52年7月)
050125-6g.jpg
建設から10年後の景観。道路の両側にはビルが建ち並んだ。

daily_line.gif