特集サブ
 

enopo top moji

yearned newyear 2021
↓各バナークリックでシート移動します。
banar top juudai news
banar top joya
banar top shichifukujin
banar top shichifukujin
banar top shichifukujin

banar ozouni
 
yearned newyear 2021

banar top juudai news
banar top joya

banar top shichifukujin
banar top shichifukujin
banar top shichifukujin

banar ozouni
 

初春の一日「七難即滅、七福即生」を願って藤沢七福神を巡のは如何でしょうか。七福神とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神である。七柱は一般的には、恵比寿、大黒天、福禄寿、毘沙門天、布袋、寿老人、弁財天とされており、それぞれがヒンズー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っている。藤沢七福神を巡るには徒歩で適度に休憩を取りながらで約4~5時間前後が一つの目安。バス・電車等交通機関も利用できます。

<新規企画>デジタル版スタンプラリーの開催!

スマートフォン等のモバイル端末を使用したデジタル版スタンプラリーも開催されます。
各8寺社にある二次元コードを読み込み「ふじキュン♡七福神」デジタルスタンプを集めましょう。8寺社すべてのスタンプ入手で完了。オリジナル壁紙をダウンロードできます。
台紙版七福神巡りと同様に完歩者価格(1枚200円)で開運干支暦手拭を購入することが可能です。


藤沢市観光協会 HP ⇒ 詳細こちら

2019 handtawol 640
  第24回 新春藤沢・江の島歴史散歩
藤沢市内の七福神をめぐる新春恒例のスタンプラリーです。
8つの寺社に参拝しスタンプを貯めると、記念品の開運干支暦手拭いを200円で購入できます。(通常価格300円)
また、オリジナル色紙(1部500円)で8カ所押し終えた方には手拭い1枚を無料で差し上げます。
    藤沢市観光協会 HP ⇒ 詳細こちら

藤 沢 七 福 神 巡 り コース 例(江の島から巡る)
~参加者の皆様へ(お願い)~
開催期間中は初詣シーズンでもあり、週末は特に混雑が予想されます。
ご都合のつく方は平日参加へのご協力をお願いいたします。

龍口寺

毘沙門天
龍口寺
龍口寺(りゅうこうじ)は、藤沢市片瀬にある日蓮宗の本山。
山号は寂光山。
日蓮聖人ご入滅(死去)後、延元二年(1337)に「龍ノ口法難の霊跡」として、
一堂を建立したのが、寂光山龍口寺の始まり。

江島神社

弁財天
enoshimajinjya
江島神社(えのしまじんじゃ)は、藤沢市江の島にある神社。日本三大弁天の一つ。創建は欽明天皇13年(552年?)が江の島の南の洞窟に宮を建てたとあり、また『吾妻鏡』によれば、寿永元年(1182年)、源頼朝の命により島の岩屋に弁財天を勧請したとあり、これをもって創建とも言われている。


皇大神宮

恵比寿
kohtaijingu
皇大神宮(こうだいじんぐう)は、藤沢市鵠沼にある神社。「神明宮」、「烏森神社」とも称される。旧社格は村社。土甘郷の総鎮守とされ、「神明さま」として知られている。 社殿造立時期には諸説があるが 大同3年(808年)~天長9年(832年)頃と大変古い由緒ある神社。

養命寺

布袋
youmeiji
創建は天正年間(1573年 - 1592年)または延文年間(1356年 - 1361年)頃と言われている。
本尊は薬師如来です。
寺内「木造十二神将立像」のは本年(2018年)2月藤沢市指定重要文化財に指定されています。


白旗神社

毘沙門天
shirohata
藤沢市藤沢にある神社。寒川比古命、源義経を主祭神として祀る。






常光寺

福禄寿
joukouji
常光寺 藤沢市本町 創立は元亀三年(1572)、本堂左脇に市指定文化財の「庚申供養塔」が2基あります。 本尊は阿弥陀三尊立像で、中尊阿弥陀如来は像高99センチメートル、全高204センチメートル、 「かながわ名木100選」に選定された常光寺の樹林 カヤの木があります。

感応院

寿老人
kannohin
感応院  藤沢市大鋸 建保6年(1218年)、源実朝が経済的な支援をして開山したお寺。


諏訪神社

大黒天
suwajinnjya
諏訪神社(すわじんじゃ)は、藤沢市大鋸 明治維新後の神仏分離政策によって遊行寺から独立しましたが、いまでも祭礼の時には神輿が遊行寺に渡ります。

情報参照: 藤沢観光協会 Wikipedia クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 各社寺HP
to next
to top